住んでいる家を手放さなければいけない、そんな状況になるケースがあります。

例えば事業の失敗で多額の借金を背負いこんだ場合に、支払うお金がない場合に家を売ってお金をつくることになります。また、家が事業用の借入の際の担保になっていた場合にも、裁判所から鵜も言わずに家を持っていかれて、売却しなければいけません。事業に関してだけでなく、最近の景気の悪い中で、自然に借金が増えていってしまい、やむなく家を売る事になるケースもあります。このように住宅を売らなければならなくなった場合に、任意売却と競売の二つの方法があります。
この二つを比べてみると、次のような違いが挙げられます。まず任意売却の方が
売却価格が2,3割高くなります。
また、プライバシーが守られます。競売では裁判所により売りに出すことが公表されてしまいます。ですから、プライバシーも公になるのです。
全体的の言って、任売の方がメリットはあります。競売の場合ですが、裁判所での競売がされても、必ず売れるとは限りません。買い手がつかないと競売自体が流れてしまいます。その家が、
不動産物件として価値があれば、不動産業者が買って、再販できるでしょう。価値がないような魅力のない物件を高値で買っても、業者は旨みがないので買わないのです。競売の仕組みも理解できたかと思います。
また、家を手放す、売るとしても、もしも住宅ローンが残っている場合には売却によって住宅ローンを支払わなければなりませんから、ある程度の金額を確保することが大事ですね。家と言うのは高額な価値のあるものです。これを売るのは最終段階と言えますね。それまでは違う借金の整理方法を見つけて努力すべきでしょう。

 

 

This entry was posted on 火曜日, 9月 3rd, 2013 at 3:01 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply