住宅ローンは長い、多額なローンです。

家を手に入れた当初は十分支払いが可能な生活が出来ていても、社会の変化、そして努めている会社の業績など、いろんな条件の変化によって、住宅ローンが払えなくなるケースがあります。また、事業を始めてはみたけれど、うまくいかず、多額の借金をしてしまい、家を売らなければならなくなった、なんてケースは少なくありません。借金の返済、延滞を辞めるために、自ら家をうることが任売と言います。この段階を過ぎて、借金がどうにもこうにも返せない、金融機関からの催促にも全く応えられない状態になると家の差し押さえとなります。そうして裁判所が差し押さえた家、物件を公に売りにだす。これが競売です。競売になってしまった場合、立ち退きを迫られることになります。今まで住んでいた家ですが、もう、他人の家になってしまうのです。任売の段階では自分の意見で、売るのですから、売値も市場価値とほぼ同額の値で売ることが可能です。その時に、売ったお金で引っ越し費用も賄えうことも可能でしょう。しかし、競売は強制執行であり、自分のペースで家を売ることもできませんし、自分の予定通りに家を離れることなどもできません。鵜も言わせず立ち退きを迫られます。競売は競りと同じで、高値を提示した業者が落札します。だからと言って高値で売れるというわけではありません。公にされたデータで、価値がはっきりと知らわたっていますから、逆に言うと、市場価値より低く買われてしまうのです。そして売れたお金はその物件の元の所有者に入りません。そのお金で借金の整理をするので、まったく立ち入ることなく整理されてしまいます。そして競売で落とした業者は、元の所有者に対し、立ち退きを申し出ます。すぐに立ち退く必要はありませんが、出ていく準備をしなければいけません。業者によっては、引っ越し期間の猶予や、そして引っ越し費用の補助などをしてくれるところもあります。しかし、競売流れの物件などを専門的に扱う不動産屋などは、事務的に、且つかなり強引に立ち退きを要求してくるものです。もちろん
引越しの費用は自分で工面しなければなりません。このように競売となると相当苦しい状況が予想できます。そんな状況にならないためにも、普段の生活は収入の中で賄うようにし、返すあてのない借金をしないようにするべきでしょう。

 

 

This entry was posted on 月曜日, 9月 23rd, 2013 at 3:04 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply